OSHO禅タロット解説 大アルカナ0  THE FOOL 愚者

OSHO禅タロットは、インドの思想家OSHOの弟子が
OSHOの講話を元に作り出した79枚で構成されたタロットです。

禅の教えを盛り込んだタロットは、
一般的な西洋タロットとは使い方も世界観も違いがあります。

絵に惹かれて禅タロットカードを購入される方もいらっしゃいますが、
カードの箱に入っている解説書の意味を読んでも、どう読んだらいいのか分からないと仰る方も多いです。

この解説書に書いてある言葉の中にもたくさんの気づきがあり
たくさんの癒しがあります。

でも!解説書の文章が、難しい!!(笑)

ということで、よく難しいと言われてしまう禅タロットの魅力を
みなさんに分かっていただきたいと思いまして、私なりの禅タロットの
解説を一枚づつ、載せていきますね~

是非、OSHO禅タロットに触れてみてくださいね♡

————————————————————–

THE FOOL
愚者

<OSHO禅タロット さおり的解説>

あなたは愚かな自分を信頼できるだろうか。

ここでいう「愚かな自分」とは、自分の弱い部分も自分の愚かな部分も知って
そんな自分を信頼することを示します。

私たちはつい、この崖から落ちたらどうしようと未来に不安を抱きますよね。

その不安は「落ちないように気を付けよう」と行動に制限をかけ、
思い切り人生を踊ることを許さないのです。

「あれがないとこれがないと」「不安な未来にならないように」

そう考えると、とりあえず持つものが増える。

いつか必要になるんじゃないか、と考えて
愚かになることを許さないのです。


それは、生きにくさにつながってはしないのかな?

この絵に映る愚者は、白い薔薇の花しか持っていません。

この白い薔薇が象徴するものは、純粋さ、無垢さ。
そして、信頼以外のものは何一つ携えない自分の在り方です。


心配のあまりに、崖から落ちなようにすることばかり考えていたら
人生を思い切り遊ぶことは出来ない。

この不安定な場こそが、あなたにとっての完璧な場。

この不安定さを楽しめる愚者は、宇宙の支えを得て、神の領域に生きるのです。


その未知への挑戦が、人から「愚かだ」と言われたとしても
その愚かさを信頼することができれば、間違うことはありません。


愚者の生きるフィールドは0(ゼロ・空)の場所。

ゼロは数のない数。

ゼロフィールドは、懐疑と過去の体験がガイドなのではなく
信頼と無垢がガイドなのです。


私がこのカードを読むとき「もっとアホになっていい」と説明しています。

私たちは、もっとアホになっていい。
もっと自由に人生を楽しんでいい。

アホをさらけ出せる人は、強いよね!

そんなとき、自分の中の神を見ているのだと思うから。


禅タロットを引けるようになりたい方、
タロットを仕事にしたい方はこちら

OSHO禅タロットリーディング講座

——————————————————-
次元を変更するタロットセラピーを体験したい方はこちら

次元変更禅タロットセラピー