OSHO禅タロット解説SORROW小アルカナ雲9 嘆き

2020年12月21日冬至。


いつも冬至のときにご紹介しているカード。
SORROW 嘆き


この世には陰と陽がある。
これが宇宙の法則。

陰は、「孤独」をイメージさせるので
つい、ネガティブな感情は出してはいけないような気がするが、

本来、陰陽にいい悪いなんてないはず。

でも、私たちは、そんな「陰」をごまかす行動をしてしまうのだ。


感情は、感じ切ることが大事、とよく言われるが
私たちは、ただ感じればいいところを、つい考えてしまう。

考えているとき、それは全て「過去のパターン」に向かっている。

過去のパターンに向かっている以上
「人間関係を壊さないように」と頑張って行動をしても

それは、「過去のパターン」でしかない。


嘆きから抜け出すには、「過去のパターン」の行動をしないことだ。

フェイクなアクションをやめ、ただ感じきる。


暗闇をただ感じていれば、臨界点を超えるときが来る。


明けない夜はない。

一番の暗闇は夜明け前である。


冬至を境に、暗闇は明けていく。

だから、暗闇を見る覚悟をするのだ。

そこから逃げているうちは、世は明けないのだから。


禅タロットを引けるようになりたい方、
タロットを仕事にしたい方はこちら

OSHO禅タロットリーディング講座

——————————————————-
次元を変更するタロットセラピーを体験したい方はこちら

次元変更禅タロットセラピー