OSHO禅タロット解説大アルカナXVlll PAST LIVES 過去生

OSHO禅タロットは、インドのOSHOという神秘家の
講話を元に作られたタロットです。

彼は「禅こそが唯一のスピリチュアルな伝統だ」と言い、
斬新な洞察をもたらし続けています。

その教えは今もなお、人々の心が作りあげた
エゴという幻想から自由になるための気づきを与えてくれます。

知れば知るほど深く濃いこの禅タロット、
私も、もう13年ほど使っています。

この絵柄に惹かれてこのカードを手に入れる方も多いのですが、
カードの箱の中に入っている解説書の文章が難しすぎて
理解できない!という声をよくお聞きします。

なので、一枚一枚のカードの意味を、
私なりの解釈で分かりやすく解説してみました。

ぜひ、禅タロットのカードと共に、楽しんで頂ければと思います。
——————————————–

<PAST LIVES  過去生>

過去に囚われているとき
私たちは何度も過去のパターンを繰り返す。

私たちは、同じパターンを過去生でも何度もやってきているようだ。


新しい生に生まれ変わるとき
私たちは古い身体のことをすっかり忘れてしまう。

その無意識が、その断絶を生み出してしまう。


生のカルマと、そのカルマの根っこを見つけ出すためには
深い瞑想が必要となる。

自分の瞑想に深く入っていくと、別の生への扉が見つかる。

その扉が見つかると、過去生での出来事が
洪水のように押し寄せてくる。


存在の両手が宇宙の開口部。

その内部には、過去の多くのイメージ、顔が表されている

私たちを無意識な振る舞いの罠の中から
果てしなく繰り返されるサイクルの中にある根っこを見て
私たちは自分の過去からのパターンを理解しようとしているのだ。

両側に配置された虹色のトカゲは
「知っている」と「知らない」を現している。

彼らは無意識なるものの守護者で、ビジョンに向けた私たちの準備が
整っているかを確かめている。

私たちが生におけるカルマの働きを理解することは、
自分の思い通りに把握できることではない。

これは「目覚めなさい」という合図なのだ。

あなたの生における出来事が、あなたの魂の旅と同じくらい
古くからある一つのパターンを見せてくれている。


禅タロットを引けるようになりたい方、
タロットを仕事にしたい方はこちら

OSHO禅タロットリーディング講座

——————————————————-
次元を変更するタロットセラピーを体験したい方はこちら

次元変更禅タロットセラピー


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村