OSHO禅タロット解説大アルカナXV CONDITIONING 条件付け

OSHO禅タロットは、インドのOSHOという神秘家の
講話を元に作られたタロットです。

彼は「禅こそが唯一のスピリチュアルな伝統だ」と言い、
斬新な洞察をもたらし続けています。

その教えは今もなお、人々の心が作りあげた
エゴという幻想から自由になるための気づきを与えてくれます。

知れば知るほど深く濃いこの禅タロット、
私も、もう13年ほど使っています。

この絵柄に惹かれてこのカードを手に入れる方も多いのですが、
カードの箱の中に入っている解説書の文章が難しすぎて
理解できない!という声をよくお聞きします。

なので、一枚一枚のカードの意味を、
私なりの解釈で分かりやすく解説してみました。

ぜひ、禅タロットのカードと共に、楽しんで頂ければと思います。
——————————————–

<CONDITIONING 条件付け>

羊は常に群れをなしている。
群れの中にいれば、安心だし安全でいられると思い込んでいる。

何かに襲われそうになったとしても、
集団の中に入れば自分が犠牲になる可能性が低くなることを期待している。

でも、独りだと?

ライオンは、単独で動かなければならない。


私たちは、生まれつき一人一人がライオンだ。

だが、社会は私たちのマインドを「羊」としてプログラミングしている。

それは、私たちに当たり障りのない、良い人で
社会にとって従順な人格であることを望んでいるのだ。

社会が奴隷を望むのは、その特権をもつ者たちにとって
都合がいいからだ。

このライオンは、羊の群れの中で生まれ、自分を羊だと思って生きてきた。

池に行って、水面に映った自分の姿を見せられるまでは
自分は羊だと思い込んでいたのだ。

私たちの多くは、この羊だと思い込んでいるライオンに似ている。

私たちの人格は、内側から育つことができたかもしれない「個であること」を
外側から押しつけられた「人格」に置き換えられてしまっている。

私たちは、群れの中の一匹の羊に過ぎなくなってしまい
自分自身のアイデンティティを意識していない。


池に映る自分の影をよく見て、
他人からの条件付けによって「こうだ」と信じ込まされてきたその全てを
打ち破るために、動き出すときが来ている。

内側で眠っていたライオンを目覚めさせる行動をすると決めましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


禅タロットを引けるようになりたい方、
タロットを仕事にしたい方はこちら

OSHO禅タロットリーディング講座

——————————————————-
次元を変更するタロットセラピーを体験したい方はこちら

次元変更禅タロットセラピー